鰻谷商店街・・・鰻谷の名前の由来は?(1)

良かったらシェアしてくださいね!

こんにちは。

カプセルホテルの女将かなさんです!

当ホテル、「B&Cホテル サンプレイン長堀」が所属しているのは「鰻谷商店街」!

「鰻谷商店街」?ってどこ?ですよね。

location
ここです↑↑↑

そう、心斎橋駅から長堀橋駅の間にあるんです。

ここの地域は昔は「鰻谷中之町」と呼ばれていたのです。

大阪市には昔、「東区」と「南区」があったのですが、これが合併をいたしました。

その時にこの辺り一帯の地名が変わったのです。

「東心斎橋」と「心斎橋筋」という地名に・・・

ちょうど間で分かれるのですが、堺筋よりが「東心斎橋」で、御堂筋よりが「心斎橋筋」になります。

昔ながらの地名が消えてなくなっていくのは寂しいですね(ToT)/~~~

でも、商店街として「鰻谷」という名前は残っているのです。

しかし、どうして「鰻」なんでしょう?川もないのに・・・

そう、川ないですよね・・・ないんです・・・今はね。

実は当ホテルの目の前にある長堀通り、昔は川だったんですよ!

「長堀川」という川だったんです!

その名残が長堀通りの交差点の名前です。

当ホテルから直ぐの堺筋線との交差点は、「長堀橋」ですよね。

ここから御堂筋線に向かって交差点の名前が、

「藤中橋」「中橋」「三休橋」「心斎橋」「新橋」

御堂筋との交差点が「心斎橋」のような気がしますが、御堂筋の交差点は「新橋」で、心斎橋筋商店街との交差点が「心斎橋」なんです!

見ていただいたら分かるとおり、交差点の名前にはすべて「橋」が付いていますよね。

これがもともと長堀通りが「長堀川」だった由来ですね。

せっかくなので御堂筋から西も見てみましょう!

「佐野屋橋」「炭屋橋」「吉野家橋」「西長堀橋」ー四つ橋筋交差点

「宇和島橋」「西大橋」-なにわ筋交差点 「富田屋橋」「問屋橋」

「白髪橋」-あみだ池筋交差点 「鰹座橋」-新なにわ筋交差点 ・・・

実はまだまだ続くんです。西にも東にも!!!

けれども見事でしょう~すべてに「橋」が付いているんです!

そしてもうひとつ、長堀通りがもともと川だったことをアピールしたい施設が・・・?アピール???

当ホテルの目の前に地下街があるんです。

アクセスでもよく説明させていただくのですが、「クリスタ長堀」という地下街で、東は「長堀橋駅」から西は「四ツ橋駅」まで続いている地下街です。

ここを歩いてみてください。そして天井を見上げてみてください!!!
ダウンロード
ダウンロード (1)
写真じゃちょっと分かりにくいかもしれませんが、天井に水が流れるようになっているんです。

初めのころはね、ちゃんと流れていたんですけどね~予算削減かな?

あっでも水が流れているところもあるので探してくださいね~(^^♪

そう、ここの天井がなぜ水が流れているのか・・・長堀川を再現しているんですね~

もともと川だったということで、そんなことを想いながら長堀界隈を散策するのもまた楽しいものですよ\(^o^)/

あっ!!!鰻谷の名前の由来だった~それは次回につづく~ということで、明日をお楽しみに~(*^_^*)

 

大阪心斎橋のカプセルホテル B&Cホテル サンプレイン長堀

TEL:06-6243-0777

The following two tabs change content below.
女将かなさん

女将かなさん

大阪の心斎橋で日本で唯一のカプセルホテルの女将をしています。長く経理の仕事を経験したのち、2007年、畑違いのホテルで働くことになる。なれないサービス業ではあったものの、女性ならではの視点でホテルを改革し、2011年には女性専用のカプセルフロアーを開設しました。細やかな気配りで、女性にも利用しやすいカプセルホテルを運営しています。安くて安心して泊まれるカプセルホテルのことを広く知ってもらおうとブログで紹介しています。他にも趣味の着物やフラメンコのことも綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします