ゆかた用半幅帯を制作中~(^^♪

良かったらシェアしてくださいね!

こんにちは。

カプセルホテルの女将かなさんです!

今年は浴衣を自分で縫おうと2月から和裁教室に通い、5月末に無事完成することができました\(^o^)/
image

浴衣が出来上がると、それに合わせた帯が当然必要ですよね~

ということで、通っていた和裁教室さんが阪急百貨店で帯制作のワークショップを開くことになったので、早速行ってきました!!!

早速・・・といいつつ、行ったのは1ヵ月前の話なんですけどね(^^;;

さて、会場に着くと、先ずは山盛りの端切れの中から好きな端切れを選んでください~と言われました。
image
色々と選ぶのですが、端切れの長さもまちまち、その端切れを繋ぎ合わせて3m20~40cmくらいの長さになるように選んでいきます。

数枚・・・私は5~6枚選びました(^^)

そして選んだ端切れをバランスが良くなるように並べ方を考えていきます。
image

例えば、胴の部分はどの柄をだすか・・・手の部分はどうする?

帯を結んだ時にアクセントになる生地はどのあたりに配置する?

これね、考えてるととっても楽しいんです!

胴の部分は上下に帯をずらした時に下からレースが覗くようにしようかな~とか、

帯を結んだ時にアクセントにショッキングピンクがチラ見えすると可愛いな~とかね。

いろいろ考えるとこの組み合わせ可愛い~こっちもいいな~とアイデアがいっぱい湧いてくる・・・

けど、何本も帯を作る訳にはいかないので、頑張って2通りに絞り込みました。

2通りにするのは、帯はリバーシブルで使えるからですよ(^^)/

でも、表と裏があまりにもちぐはぐすぎるのもどうかと思います。

さて、端切れの配置も決まったら、次は縫い合わせていきます。

とにかくこの端切れたちを一枚の長い布にしないといけません。
image
半幅帯なので、縫う長さはあまりないんです。

レースや柔らかい布を縫っていくのは簡単なんですが、厚手の生地を選ぶと大変(>_<)

針を通す時に、ギギギーッ!なんて、とても裁縫をやってるとは思えない音がする・・・

たったの20cm足らずの長さにどれだけ時間が掛かるか(-_-;)

縫ったところはこんな感じです(^^)/
image image

全ての端切れをこうやって繋ぎ合わせていきます。

こうやって表・裏の2枚の布が出来上がったら、ようやく帯制作に掛かれるのですが、ワークショップではここまで!

まだ1枚の布すら仕上がっていません(^^;;

帯の作り方は1枚の説明書をいただき、後は自力で頑張らなくてはいけません。

先は遠いです・・・

途中までの半幅帯です~
image
この状態ですでに1ヶ月以上経過~

もうすっかり浴衣の季節だというのに・・・

女将かなさん、こっから先はミシンでもいいか・・・と思案中です~(#^.^#)

帯が完成したらまたご報告しますね~

image
さて、女将かなさん、帯は手縫いで仕上げるか、横着してミシンを使うのか・・・

こうご期待~\(^o^)/

お問い合わせ・ご予約はこちら→ TEL:06-6243-0777←スマートホンの方はここをクリックで電話ができます!

ネットからのご予約はこちら→宿泊プランとご予約

ホームページへはこちら→大阪心斎橋のカプセルホテル B&Cホテル サンプレイン長堀

TEL:06-6243-0777

The following two tabs change content below.
女将かなさん

女将かなさん

大阪の心斎橋で日本で唯一のカプセルホテルの女将をしています。長く経理の仕事を経験したのち、2007年、畑違いのホテルで働くことになる。なれないサービス業ではあったものの、女性ならではの視点でホテルを改革し、2011年には女性専用のカプセルフロアーを開設しました。細やかな気配りで、女性にも利用しやすいカプセルホテルを運営しています。安くて安心して泊まれるカプセルホテルのことを広く知ってもらおうとブログで紹介しています。他にも趣味の着物やフラメンコのことも綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします