女将、まだまだ修行が足りません(ToT)/~~~

良かったらシェアしてくださいね!

こんにちは。

カプセルホテルの女将かなさんです!

4月から関西大学で開講されている「後継者ゼミ」、毎回違う経営者さんが講義をしているので、勉強のために聴講させていただいてます!

これまでに3名の経営者さんのお話を聞きましたが、聞いて思ったことは、完全に経営を引き継いでいる方って覚悟が出来ているな~ということ。

そして前経営者の理念を引き継ぎながらも、ちゃんと自分色を出して行っているんですよね。

全くのコピーでもなく、かといって全く違う会社にしたわけでもなく・・・

大事にするところは大事にしながら、でもちゃんと時代や環境に合わせて改革をしていっている。

先週の講義はまた凄い経営者さんのお話でした。

商売というより、ビジネスをされている。

とにかくキーワードで「ビジネス」という言葉が多く、またこの方は次のように「ビジネス」を定義づけされていました。

「ビジネスとは個人的な感情を交えず利益の追求のみを目的として進める仕事」

全ては金銭のやり取りであること(not 心のやり取り)

厳しい~~~(>_<)

哲学をもってビジネスをされているんですね。

しかもとてもストイックな方で、とにかく効率よく能率的に仕事をすることを課している。

たぶんね、根本的に女将かなさんとは考え方が違うな~と思いました。

感情をどうとらえるかにもよると思うのだけど、やっぱり人と人との繋がりってとっても大切。

どんだけいいものを売っていてもその会社の経営方針が受け入れられないとそこの会社から商品を買おうと思わないと思うのよね。

古い話だけど、雪印乳業が食中毒事件を起こした時の経営者の対応に呆れた人が多かったですよね。

あれから社名を変えてみたりしているけど、どうにもそこの商品を買おうとは思わない。感情が拒否してしまうのです。

経営するに当たり、自分の感情は交えなくても、相手の感情を大切にすることは大事なんじゃないかな?

そして相手の感情を大切にしようと思うと、心のやり取りがなければ大切にすることは出来ないんじゃないかな?

でもね、考え方が違うところは多少あっても、賛同できるところもいっぱいあったし、勉強させられることが本当に多かった!!!

なによりもストイックに経営されているからそんな経営者の方と女将かなさんを比べると、経営者の部類に入るのが恥ずかしくなってしまう(汗)

女将かなさんはまだまだ経営者としては修行中に身なのは自覚しているつもりですが、今回の社長さんのお話を聞いて、まだまだ修行が足りないな~と改めて思いました(ToT)/~~~

修行中ですがまだまだ頑張りま~す\(^o^)/応援してね~!!!
image

大阪心斎橋のカプセルホテル B&Cホテル サンプレイン長堀

TEL:06-6243-0777

The following two tabs change content below.
女将かなさん

女将かなさん

大阪の心斎橋で日本で唯一のカプセルホテルの女将をしています。長く経理の仕事を経験したのち、2007年、畑違いのホテルで働くことになる。なれないサービス業ではあったものの、女性ならではの視点でホテルを改革し、2011年には女性専用のカプセルフロアーを開設しました。細やかな気配りで、女性にも利用しやすいカプセルホテルを運営しています。安くて安心して泊まれるカプセルホテルのことを広く知ってもらおうとブログで紹介しています。他にも趣味の着物やフラメンコのことも綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします